JI1A4427
羽沢横浜国大駅に到着し、JR全線完乗が復活する。

相模鉄道との共同駅で、相模鉄道が管理する。

一応小さくJR東日本のロゴが入るが、相模鉄道のほうが大きく目立つ。

JI1A4431
羽沢横浜国大駅の駅舎内に戻る。

JI1A4432
自動券売機の上に、JR線と相模鉄道線の運賃表が並ぶ。

JI1A4434
隣の武蔵小杉駅より、遠く離れた鶴見駅のほうが安い。

列車は停車しないが、運賃計算上は鶴見駅が隣の駅になる。

JI1A4422
100年前の列車の車内が展示されている。

JI1A4437
すぐ次の列車に乗りたいので、改札口を入る。

JI1A4420
改札口横には、カウントダウンのボードがあった。

すでに開業しているので、開業まであと0日の表示である。

JI1A4418
改札内には、開業記念のスタンプが設置されている。

学生時代に駅のスタンプを集めようと思ったが、すぐにスタンプ帳を失くしてしまった。

それ以降、スタンプを集めることをしなくなった。

JI1A4440
ホームへ戻ると、海老名行きと新宿行きの列車が並んでいた。

海老名行きの列車に乗車。

JI1A4443
トンネルを抜けると、次の西谷駅が見えてきた。

JI1A4448
西谷駅に到着すると、日本の鉄道全線完乗が復活する。

私鉄は細かな路線の延長が多いので、完乗を維持するのは難しい。

また来年3月に、富山の路面電車が少しだけ延長するようである。

その時はまたそのためだけに足を延ばさないといけないのだ。

JI1A4453
西谷駅付近は住宅街のようで、駅前の道路は細い。

駅前広場などはなかった。

日本の鉄道全線完乗は達成したが、さらに相模鉄道に乗る。

JI1A4454
小田急の車両が見えてくると、そろそろ終点の海老名駅。

JI1A4464
新宿駅から直通するJR東日本のE233系は、どこかへ回送される。

2線しかないので、長時間の留置はできないのである。

私もいったん改札口を出る。

JI1A4458
海老名駅の運賃表。

JRへの連絡運賃の案内はなかった。

JI1A4493
何本か横浜行きの列車が発着した後、新宿行きが到着した。

JI1A4497
JR線へ向かう特急に乗る。

特急だが、特急料金は不要である。

そして車内はロングシートなのだ。

JI1A4500
車内モニターにも、特急新宿行きと表示される。

JI1A4510
ただしJR線内は各駅停車になる。



https://railroad.blogmura.com/railroad_travel/img/railroad_travel88_31.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
当ブログは、「にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行」に参加しています。
よろしければ、「この文字」をクリックして下さい。