5F1A3219
名古屋市科学館では9月19日まで特別展「宝石」が行われている。

平日の昼過ぎに名古屋市科学館に到着したが、観覧券を求める列ができていた。

セブンイレブンで事前に入場券を購入していたので、そのまま入場口へ向かう。

プラネタリウムを観ない場合はコンビニなどでも購入できる。

スムーズに入場するためには、事前購入を活用するとよい。

入場したら、地下2階の会場へ。

5F1A2835
会場に入ると、巨大なアメシストドームが出迎えてくれる。

第1章は「原石の誕生」。

5F1A2846
こちらがダイヤモンド。

5F1A2944
こんなきれいなダイヤモンドになるのですね。

会場内にはたくさんの宝石が並んでいる。

写真撮影もできるが、すべて撮影していると日が暮れてしまう。

どんどん進んでいこう。

5F1A3197
紫外線で光る宝石。

5F1A3178
春をイメージした宝石。

5F1A3181
夏をイメージした宝石。

5F1A3187
秋をイメージした宝石。

5F1A3190
冬をイメージした宝石。

この先の第5章「宝石の極み」は撮影禁止になっている。

そして警備員さんが目を光らせていた。

とても美しいジュエリーが並んでいて、いつまでも眺めていたい。

5F1A3209
出口には、特別展「宝石」のイラストを描いた二ノ宮知子さんの作品。

5F1A3218
名古屋と宝石を融合させた作品を描いた安部祐一郎さんが紹介されている。

5F1A3215
宝石でできた名古屋市科学館はきれいですね。



https://railroad.blogmura.com/railroad_travel/img/railroad_travel88_31.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
当ブログは、「にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行」に参加しています。
よろしければ、「この文字」をクリックして下さい。