5F1A6927
1923年10月21日にプラネタリウムが誕生し、今年で100年。

全国の科学館などでは、プラネタリウム100周年記念事業が行われる。

名古屋市科学館プラネタリウム今月のテーマは、~発明から100年~「星空とプラネタリウム」。

プラネタリウムがはじめて公開された100年前のドイツへ向かう。

5F1A2387
そして天文館5階では企画展「プラネタリウム100周年」が行われている。

展示室に入る前に、パネル展示を眺める。

5F1A2366
世界と日本のプラネタリウム。

5F1A2346
プラネタリウム年表。

5F1A6728
ご挨拶。

5F1A2537
展示室内は常設展示とともに、企画展限定の展示も並ぶ。

会場で一番目立つのが、ツァイスⅣ型プラネタリウム。

2010年まで名古屋市科学館で活躍していた投影機である。

5F1A6740
企画展会期中は、スクリーンに星空を映している。

5F1A2419
こちらは現行Ⅸ型プラネタリウムの投影機の1つ。

5F1A6753
オリオン座付近の星空を、Ⅸ型とⅣ型の星空を並べて映す。

0702
展示室内の壁面では、プラネタリウムや天文学の100年の歴史が紹介されている。

スライド6ヶ所と映像3ヶ所あり、すべて見るだけで時間がかかる。

5F1A6821
ツァイスⅣ型の図面。

恒星球と水星金星投影機の図面とのこと。

見てもよくわかりませんけどね。

5F1A6825
タブレットですべての図面を見ることができる。

5F1A6750
ツァイスⅣ型シミュレーター。

係の人がいると動かしてもらえる。

南半球まで行ってしまった。

5F1A2483
簡易ドームでみるデジタル式プラネタリウムのしくみ。

5F1A2497
プラネタリウムの部品なども展示されていた。

5F1A2540
上を見ると、アイジンガーのプラネタリウム。

5F1A2533
精密機械式天文腕時計ロイヤル・アイゼ・アイジンガーリミテッドエディション。

新たに常設展示に加わった。

5F1A6829
出口には家庭用プラネタリウムが並ぶ。

自宅に1つ置きたいですね。

5F1A2512
最後に顔出しパネルで記念撮影。

このパネルは、Ⅸ型プラネタリウムの実物大である。

ドームで見るのと比べ、かなり大きかった。



 https://railroad.blogmura.com/railroad_travel/img/railroad_travel88_31.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
当ブログは、「にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行」に参加しています。
よろしければ、「この文字」をクリックして下さい。