5F1A0865
静岡浅間神社内には「どうする家康静岡大河ドラマ館」が期間限定で開設されている。

入場券を購入しようと財布を出すと、浜松大河ドラマ館の入場券が現れた。

他の大河ドラマ館の入場券を提示すると、入場料金が100円引きになるのだ。

5F1A1074
それでは館内へ。

5F1A0867
エントランスには、名誉館長の春風亭昇太さんのサイン。

スロープを上って、2階のどうする家康入門編へ。

5F1A0886
「どうする家康」の人物相関図。

5F1A0900
その先には、登場人物紹介と衣装小道具の展示。

5F1A0927
今川義元の衣装。

5F1A0933
さらに登場人物の紹介。

その下には「富士遊覧の栞」が展示されている。

5F1A0962
徳川家康と瀬名の衣装。

5F1A0972
豊臣秀吉の衣装。

5F1A1000
次は家康公が愛したまち静岡のコーナー。

5F1A1021
そして静岡浅間神社も紹介されている。

5F1A1066
静岡浅間神社が展示されている。

5F1A0869
展示を見学したら、写真撮影コーナーで記念撮影。

5F1A0871
家康様に見送られ、館外へ出る。

大河ドラマ館を見学した後、静岡浅間神社の境内を歩く。

5F1A1085
大拝殿は、ただいま工事中。

5F1A1087
大拝殿の前に建っているのが舞殿。

5F1A1091
とても美しい楼門。

5F1A1104
外へ出ると石鳥居。

5F1A1102
石鳥居が車道上にあり、自動車が走りづらそうである。

たぶん石鳥居が建てられたときは、道路の幅がもっと狭かったのだろう。



https://railroad.blogmura.com/railroad_travel/img/railroad_travel88_31.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
当ブログは、「にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行」に参加しています。
よろしければ、「この文字」をクリックして下さい。