5F1A5559
「のと里山里海号」に乗り、西岸駅に到着。

せっかくの「のと里山里海号」なので終点まで乗りたかったが、西岸駅を訪問したかった。

5F1A5562
まずは駅舎を眺める。

5F1A5564
そして駅舎の中へ。

5F1A5568
駅舎内には、「急行ゆのさぎ」のヘッドマークが展示されていた。

西岸駅は「花咲くいろは」というアニメに登場する「湯乃鷺駅」のモデルになった駅である。

5F1A5566
駅舎内には「花咲くいろは」のポスターも並ぶ。

5F1A5572
西岸駅の駅ノートは、「聖地巡礼者ノート」という名前だった。

5F1A5584
ホームの西岸駅の駅名板。

5F1A5578
そしてもう1枚、「湯乃鷺駅」の駅名板も設置されていた。

5F1A5598
次の列車に乗り、終点の穴水駅へ。

5F1A5600
ホームの顔出しパネルで記念撮影。

5F1A5604
運転士の和倉ななおさんが改札口で待っていた。

5F1A5608
穴水駅では鉄印をいただく。

5F1A5615
急行「のと恋路号」にご挨拶してから、帰りの列車に乗る。

5F1A5658
次の訪問駅は七尾線羽咋駅。

5F1A5662
羽咋市は、UFOのまちとのこと。

5F1A5683
羽咋駅の壁には、地元の学生さんが作成したイラストが並んでいた。

5F1A5672
羽咋駅を通過する際にホームのイラストが目に入り、いつか訪問したいと思っていた。

5F1A5681
おろち伝説の砂像。

下のほうには、北陸新幹線などが走っている。

5F1A5679
改札口で待っていたのは、宇宙人サンダーくんである。



https://railroad.blogmura.com/railroad_travel/img/railroad_travel88_31.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
当ブログは、「にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行」に参加しています。
よろしければ、「この文字」をクリックして下さい。