5F1A8911
島原鉄道乗車を終え、長崎線の終点長崎駅に到着。

2023年最後の夜は、長崎で過ごす。

5F1A8927
長崎駅の「長崎街道かもめ市場」内の飲食店はすべて閉店している。

こちらで夕ご飯を食べようと思っていたが、計画を練り直さないといけない。

5F1A8929
「長崎角煮まんじゅう」のお土産ならまだ販売中ですけどね。

5F1A8956
長崎駅前から路面電車に乗り、新地中華街停留所で降りる。

5F1A9115

5F1A8964
エレベーターに乗り、3階のフロントへ。

5F1A8991
新年を迎える準備が整っていた。

IMG_7805
チェックインを済ませ、シングルの部屋に入る。

IMG_7809
部屋は狭いが、ベッドはやや大きい。

IMG_7806
1人なら十分な広さの部屋である。

5F1A9108
部屋からは長崎新地中華街が見えた。

夕ご飯は長崎名物のちゃんぽんでも食べよう。

5F1A8995
大晦日の長崎新地中華街は、多くの店が閉まっている。

5F1A9018
その中で開いていたのが「西湖」というお店。

龍に飲まれるように、店内に入る。

5F1A9003
2023年最後の夕ご飯は「特製チャンポン」(1100円)。

長崎名物のちゃんぽんを、おいしくいただく。

5F1A9010
ちゃんぽんを完食し、「杏仁豆腐」(450円)は食後のデザート。

2023年最後の食事を終え、ホテルへ戻る。

5F1A9028
ホテルの前には「岩崎本舗」のお店がある。

「長崎角煮まんじゅう」の試食が行われていて、一口いただく。

5F1A9030
試食を食べただけでは悪いので、お持ち帰りを1つ買う。

5F1A9032
「カレー風味角煮まんじゅう」(500円)は初挑戦である。

「ドーミーイン」では夜鳴きそばのサービスがある。

5F1A9063
ふだんはラーメンだが、大晦日だけは「年越し海老天そば」である。



https://railroad.blogmura.com/railroad_travel/img/railroad_travel88_31.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
当ブログは、「にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行」に参加しています。
よろしければ、「この文字」をクリックして下さい。