5F1A2106
東京駅から乗車した「かがやき503号」は定刻に終点敦賀駅に到着。

5F1A2107
これでJR線全線完乗が復活した。

ホームで記念写真を撮っていると、まもなく「つるぎ15号」が到着するとアナウンスが入る。

「つるぎ15号」が到着するとさらに混雑しそうなので、早めに改札口を出よう。

5F1A2111
エスカレーターで2階コンコースへ降りる。

5F1A2113
改札口にはずらりと19台の自動改札機が並んでいる。

たくさんありすぎて、数えることはできなかったのですけどね。

そしてボクのきっぷは自動改札機には通すことができないので、一番左側の有人改札を通る。

5F1A2132
敦賀駅から関西方面や名古屋方面への特急列車に乗る場合は、色付けされたラインに沿って歩く。

5F1A2126
すると特急「サンダーバード16号」が待っていた。

ただし今日は「サンダーバード号」には乗らないので、見送る。

5F1A4016
敦賀駅の駅舎へは、新幹線改札を出たら一番右側へ向かう。

新幹線の改札外コンコースから駅舎への跨線橋は離れていて、高低差もある。

5F1A2139
新幹線からはエスカレーターで少し下り、その後動く歩道に接続している。

5F1A2145
さらに跨線橋を歩き、エスカレーターか階段で1階へ下る。

5F1A2141
エスカレーター横の壁は北陸新幹線延伸区間が紹介されていた。

前回訪問時は小浜線だったのですけどね。

5F1A2149
敦賀駅の駅舎は変わらない。

5F1A2147
変わったのは、JR敦賀駅の文字の下にハピラインふくいのマークが入ったくらいである。

5F1A2155
敦賀駅の待合室には、大きなスペースを使って北前船が展示されていた。

5F1A2159
そろそろ次に乗る列車の発車時刻なので、改札口を入り直す。

改札口上の発車案内はモニターに変わっていた。

5F1A2161
在来線ホームはへ、地下道を歩く。

5F1A2165
地下道はレンガ風で明るくなった。

5F1A2167
これから乗車するのはハピラインふくい線。

JR西日本色の521系が停車していた。

まだ車体の色は変わっていないが、ハピラインふくいの所属である。

5F1A2171
駅名板はJR西日本仕様だが、ハピラインふくいのマークが入っている。

5F1A2169
それでは大きな新幹線駅を後にして、敦賀駅を出発する。



https://railroad.blogmura.com/railroad_travel/img/railroad_travel88_31.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
当ブログは、「にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行」に参加しています。
よろしければ、「この文字」をクリックして下さい。